フラワーサポーター募集

フラワーサポーター制度について

西宮を花と緑にする会では、フラワーサポーター制度を設けております。

 

フラワーサポーター制度とは、当会が設置したプランターを会員自らが管理する制度で、年3回の花苗の植替えや花がら摘みなどの日常管理をプランター設置箇所の管理者と一緒に行っています。

当会の会員が自主的に街中にあるフラワーポットの手入れを行うことで、きれいな花のある街並みづくりに貢献しています。

活動しているサポーターの方は、四季に応じた花の手入れを楽しんでいます。また、サポーターの中には、支給された花苗に加えてご自身の好きな花を植えて楽しんでいる方もいます。
現在、当会ではフラワーサポーターを募集しております。
興味を持たれた方は、下記の事務局まで連絡をお願いいたします。
(※サポーター制度は、当会の会員を対象としております。会員の入会申込はこちらのページからお願いします。)

西宮市役所 花と緑の課内 西宮を花と緑にする会
TEL:(0798)35-3784

 

フラワーサポーターの活動紹介

 

すずらん幼稚園の活動

すずらん幼稚園のフラワーサポーターすずらん幼稚園では、入園式や卒園式で花と一緒に写真を撮れたらなぁという思いからフラワーポットを設置されました。設置されたポットを活用し、華やかな記念写真を撮影されたとのこと。日頃は、興味を持った園児が花柄つみなどを手伝ってくれたりしながら管理をしていただいています。四季に応じた花が園児や保護者を迎えてくれ、きれいだと好評です。

 

下大市郵便局での活動
下大市郵便局

下大市郵便局

下大市郵便局のフラワーポットはフラワーサポーターの本山さんが管理しています。本山さんは園芸歴40年以上のベテランで自宅でもたくさんの植物を育てています。約4年前から郵便局のフラワーポットを管理されていましたが、郵便局長の推薦に後押しされ、今年からフラワーサポーターになりました。毎日朝夕に草花の手入れをするなど熱心に活動されています。また管理も工夫しており、一つ一つ花の育つ環境を考えた上で、水やりや追肥をアレンジしているそうです。郵便局を通る多くの方に「きれいですね」と声をかけられ、花や植物の話をすることが、本山さんにとって何よりの楽しみで、管理にやりがいを感じているそうです。下大市郵便局をご利用の際には、是非ご覧ください。