会について

西宮市民憲章(昭和45年11月3日制定)にある 「みどりと青空の明るいまちづくり」を実践するには、公園・街路等の公共の緑化だけではなく、民有地、すなわち一般家庭、会社、工場の敷地などで市民の協力を得た自主的な緑化が必要であり、この緑化事業を推進するため昭和46年に、「西宮を緑にする会」として発足しました。

 

会の趣旨に賛同する個人および会社、事業所、学校関係、各種団体などで組織され、市民の自主的な緑化を推進するため、発足時より、緑化の普及啓発として、フラワーポットの設置、会員宛に花苗・種子の配布、緑化募金活動、機関紙“みどりニュース”の発行等を行ってきました。
また、「花と文化財を訪ねるバスツアー」(現在の「研修会」)や、家庭緑化の推進を目的として園芸教室などを開催しています。

 

昭和60年には、これらの取り組みが評価され、兵庫県から「兵庫県くすのき賞」を受賞しました。
平成11年6月には、現在の「西宮を花と緑にする会」に名称を変更しました。
また、平成12年より“花と緑あふれるまちづくり”をめざし「フラワーフェスティバルin西宮」を開催し、さまざまな緑化・園芸に関する普及・啓発を行っております。

 

 

会の概要
会の名称 西宮を花と緑にする会
会の発足 昭和46年3月
会員構成 個人会員71人
団体会員174団体
(郵便局、自治会、環境衛生協議会、学校・園など)

(平成28年4月現在)

主な事業 『研修会』
『園芸教室』
『フラワーフェスティバルin西宮』の開催
フラワーポットの設置
緑化募金事業
“みどりニュース”の発行

 

西宮を花と緑にする会役員(平成28年度)
役 員 氏名 所属団体
会長 椿本 和生 西宮青年会議所
副会長 安野 照子 西宮市地域婦人団体協議会
副会長 野島 比佐夫 西宮商工会議所
副会長 中村 尭夫 西宮市環境衛生協議会
会計理事 松原 澄子 西宮市連合婦人会
理事 前田 佳子 特定非営利活動法人エヌ・エフ・ケイ
理事 増沢 勇夫 西宮市商店市場連盟
理事 小林  登 一般社団法人西宮市老人クラブ連合会
理事 金田 昌子 西宮酒造家十日会
理事 大河原 量 西宮市私学連合会
理事 山本 忠彦 西宮市社会福祉協議会
専務理事 北田 正広 西宮市土木局長
常務理事 植松 浩嗣 西宮市道路公園部長
監事 黒野  実 ボーイスカウト西宮連合会
監事 山北 恒也 摂陽西地区郵便局長会